新装版 日暮らし(下)

講談社文庫

宮部 みゆき

2011年9月30日

講談社

880円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

葵殺しの裏に見え隠れするのは、二年前に鉄瓶長屋で起きた事件から尾を引く、大店湊屋のお家事情。絡まった心を解きほぐそうとする平四郎。「叔父上、ここはひとつ白紙に戻してみてはいかがでしょう」。弓之助の推理が過去の隠し事の目くらましを晴らしていく。進化する著者の時代ミステリー感動の結末へ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(10

starstarstarstar
star
4.39

読みたい

5

未読

6

読書中

1

既読

232

未指定

79

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2018年01月28日

葵殺しの下手人として捉えられた佐吉が解放されました。総兵衛や久兵衛は佐吉が下手人と信じて内々に処理しようと工作したのです。平四郎はじっと佐吉が釈放されるのを待っていましたが、心境は複雑です。佐吉が葵を殺しても当然なほどの仕打ちを受けてきたのを知っている平四郎は、佐吉が殺すわけがないと頭から信じられないからです。そんな心境を佐吉にぶつけた結果、佐吉はキッパリと殺人を否定しました。そうなると、真相究明に平四郎が動きます。ミステリらしい運びとなってきました。 事件の核心を握る湊屋総兵衛と葵亡き後の屋敷で対決するのです。ところが、これでも真相への糸口を見出すことはできません。一番怪しいと睨んだおふじは、気が触れてしまっていたのです。またもや振り出しに戻りますが、弓之助が重大な発見をします。佐吉の証言「葵の死体はいい匂いがしていた」との言葉です。葵は絞殺です。普通は失禁して不快な匂いかあるはずですね。この矛盾に注目したのです。 ところで、この物語の登場人物の中で気になるのが佐吉、お徳、お六です。共通するのは、何よりも人が良くて、物事がうまく運ばないのは、全て自分のせいにしてしまう古き良き日本庶民の美徳を兼ね備えているところです。そんな真面目にこつこつ努力する人が報われるのを見るのは心地よいものです。謎のミステリーを読み解いていくのも面白いですが、こんな登場人物が幸せを噛みしめる姿を見るのはなにより嬉しいものです。宮部ワールドの醍醐味ですね。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください