この胸に深々と突き刺さる矢を抜け 下

講談社文庫

白石 一文

2011年12月31日

講談社

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

カワバタは胃ガンであった。手術の直後から、数年前に死んだ息子が自分をどこかに導こうとする囁きが聞こえ出す。格差社会、DV、売春ー思索はどこまでも広がり、深まり、それが死の準備などではなく、新たな生の発見へとつながってゆく。発表されるや各メディアから嵐のような絶賛を浴びた、衝撃の書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

7

未読

16

読書中

0

既読

36

未指定

32

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください