天狗童子

講談社文庫

佐藤 さとる / 村上 豊

2012年7月31日

講談社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

笛の名手・与平のところに突然「天狗さま」が現れた。子供のカラス天狗に笛を教えてやってほしいという。九郎丸という子天狗は、カラス簑を脱ぐと人間の姿になった。九郎丸への愛情がふくらんだ与平は、簑を焼き捨ててしまおうとする…。赤い鳥文学賞を受賞したファンタジー。リアル・戦国時代を背景とした天狗と人の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

5

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください