新装版 殺しの双曲線

講談社文庫

西村 京太郎

2012年8月31日

講談社

968円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

差出人不祥の、東北の山荘への招待状が、六名の男女に届けられた。しかし、深い雪に囲まれた山荘は、彼らの到着後、交通も連絡手段も途絶した陸の孤島と化す。そして、そこで巻き起こる連続殺人。クリスティの『そして誰もいなくなった』に挑戦した、本格ミステリー。西村京太郎初期作品中、屈指の名作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(21

starstarstar
star
3.94

読みたい

69

未読

25

読書中

1

既読

126

未指定

96

書店員レビュー(2)
書店員レビュー一覧

ひさだかおり

書店員@精文館書店中島新町店

愛蔵版発売を前に再読してみた。

--
0
2023年03月21日

長江貴士

書店員

西村京太郎「殺しの双曲線」

--
0
2019年12月19日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください