シューマンの指

講談社文庫

奥泉 光

2012年10月31日

講談社

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

音大のピアノ科を目指していた私は、後輩の天才ピアニスト永嶺修人が語るシューマンの音楽に傾倒していく。浪人が決まった春休みの夜、高校の音楽室で修人が演奏する「幻想曲」を偶然耳にした直後、プールで女子高生が殺された。その後、指を切断したはずの修人が海外でピアノを弾いていたという噂が…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstar
star
2.76

読みたい

8

未読

10

読書中

2

既読

29

未指定

44

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

奥泉光「シューマンの指」
--
0
2019年12月14日

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

『さよならを教えて』

starstar 2.0 2019年06月06日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください