ユーラシアの双子(上)

講談社文庫

大崎善生

2013年7月13日

講談社

743円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

五十歳で会社を早期退職し、シベリア鉄道での大陸横断の旅に出た石井。二人娘のうち長女は五年前自ら命を絶ち、妻とも離婚。苦渋と共に過ぎ去った半生が車窓に浮かぶ。立ち寄った街で石井は、自殺を決意し同じルートを先行して旅する若い女性・エリカの存在を偶然知る。写真の面影は今は亡き娘を彷彿とさせた。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.1

読みたい

6

未読

2

読書中

0

既読

1

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください