Guilty 殺意の連鎖 ミステリー傑作選

講談社文庫

日本推理作家協会

2014年4月30日

講談社

913円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

愛する彼が犯人だと、彼女はなぜ見抜いたのか?はかなき夢に人生を圧され破滅する男女を描いた辻村深月『芹葉大学の夢と殺人』。犯行現場から消えた凶器。少年犯罪報道の矛盾に切り込んだ有栖川有栖『アポロンのナイフ』。借金苦から犯したとされる殺人の、驚愕の真相を描く米澤穂信『満願』ほか、全6篇収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください