新装版 捨て童子・松平忠輝(上)

講談社文庫

隆 慶一郎

2015年4月15日

講談社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

捨て童子とは、この世ならぬ途方もないエネルギーを持ち、人を戦慄せしめる人物!徳川家康の第六子でありながら、容貌怪異なため、生まれ落ちてすぐ家康に「捨てよ」と言われた“鬼っ子”松平忠輝の異形の生涯を描く、傑作伝奇ロマン小説。新鮮な発想や史観、壮大なスケールで完結をみた、著者最後の長編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.75

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

36

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

mxa

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2020年08月14日

隆慶一郎氏の影武者徳川家康の続編のノリで購入。影武者でなく本物の家康と小心者で陰険な秀忠、それから柳生宗矩、大久保長安とソテーロはキャラ設定そのままです。 松平忠輝の設定も大体同じで、12歳にして柳生の剣士10人に負けない戦闘能力、傀儡子との交わり、バテレンへの興味はほぼ同じで、影武者徳川家康を忠輝側の観点で描いた作品で、戦国の道々のもの、自由人が生き生きと描かれている。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください