刀語 第十二話 炎刀・銃

西尾 維新 /

2007年12月4日

講談社

1,210円(税込)

小説・エッセイ

虚刀流・鑢七花と奇策士・とがめによる伝説の完成形変体刀蒐集の旅は、否定姫の腹心・左右田右衛門左衛門の所有する最後の一本ー炎刀『銃』を前に、最期にして最悪の試練を迎えていたー。容赦なく、迷いのない“弾丸”に貫かれたとがめを、七花は果たして救うことができるのかー!?西尾維新と竹が描く、時代活劇絵巻。とある歴史の物語ーこれにて終幕。刀語、第十二話の対戦相手は、否定姫腹心にして元忍者、左右田右衛門左衛門。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

8

未読

8

読書中

0

既読

30

未指定

31

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

西尾維新「刀語第十二話 炎刀・銃」

--
0
2019年12月19日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください