弱者の居場所がない社会ーー貧困・格差と社会的包摂

講談社現代新書

阿部 彩

2011年12月16日

講談社

924円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

これらの「小さな社会」は、人が他者とつながり、お互いの存在価値を認め、そこにいるのが当然であると認められた場所である。これが「包摂されること」であり、社会に包摂されることは、衣食住やその他もろもろの生活水準の保障のためだけに大切なのではなく、包摂されること自体が人間にとって非常に重要となる。「つながり」「役割」「居場所」から考える貧困問題の新しい入門書。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.5

読みたい

2

未読

2

読書中

2

既読

12

未指定

22

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Mizu

(無題)

starstarstarstar 4.0 2021年01月20日

ホームレスなどの絶対的貧困と違い見えにくい相対的貧困とは、どの様な生活であるか、基準は何であるか知れた。 また貧困者に対し生活保護により最低限の生活ができる様にすることで終わりにせず、「自律的な存在者たり得るものとして尊敬」し「居場所」を作っていくことが何よりも大切であると思った。貧困について考えが深まった。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください