田中角栄 昭和の光と闇

講談社現代新書

服部 龍二

2016年9月15日

講談社

1,320円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

東京一極集中の是正、「限定的改憲論」、「日中裏安保」、石油・エネルギーをめぐる資源外交、北方領土問題の解決…角栄が夢見た「日本の未来」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

27

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年10月25日

田中内閣が退陣する直接的な契機は金脈問題だが、根本的な原因は経済面の失策にあったといえよう。 田中ほどに前半生と後半生で、明暗を分けた政治家はいない。その転換点は石油危機や金脈問題ではなく、超大型予算という失政である。(P.160) かつて最高裁は1976年(昭和51)7月24日に嘱託尋問について宣明書を発し、贈賄側のコーチャンらに対する不起訴を確約していた。田中没後の1995(平成7)年2月22日になって、最高裁が嘱託尋問の証拠能力を否定するのは、深刻な自己矛盾といわなければならない。(P.337)

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年05月25日

田中内閣が退陣する直接的な契機は金脈問題だが、根本的な原因は経済面の失策にあったといえよう。 田中ほどに前半生と後半生で、明暗を分けた政治家はいない。その転換点は石油危機や金脈問題ではなく、超大型予算という失政である。(P.160) かつて最高裁は1976年(昭和51)7月24日に嘱託尋問について宣明書を発し、贈賄側のコーチャンらに対する不起訴を確約していた。田中没後の1995(平成7)年2月22日になって、最高裁が嘱託尋問の証拠能力を否定するのは、深刻な自己矛盾といわなければならない。(P.337)

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください