新東京文学散歩 漱石・一葉・荷風など

講談社文芸文庫

野田 宇太郎

2015年8月11日

講談社

1,650円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

東京をこよなく愛し、住んだ文人たち。近代文学の中心・東京は、先の戦争で焦土荒廃の地と化した。野田宇太郎は、消え失せたそこに文学者の影を求め東京を、やがて全国を「文学散歩」し始める。『新東京文学散歩上野から麻布まで』の後篇を戦後七十年を機に読者のもとに届けつつ近代文学の香りと共に、改めて東京文学散歩へ誘う…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください