超高速! 参勤交代

講談社文庫

土橋 章宏

2015年4月15日

講談社

825円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

東北の湯長谷藩は、ある日お上から謂われのない難癖をつけられ、急遽5日以内に江戸へ参勤せよと命じられる。叛けばお取り潰し必定。-時間がない。財政難の小藩には費用も、行列を組む人手もない。心優しき藩主内藤政醇は知恵者の家老と共に策をこらす。妙案と頓智で難所を切り抜けていく殿と家臣の爽快劇!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(27

starstarstarstar 4

読みたい

7

未読

17

読書中

4

既読

160

未指定

159

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (5)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Readeeユーザー

ミッションインポシブル

starstarstarstarstar 5.0 2021年05月13日

【10日かかる道程を5日以内で突破せよ!】 東北にある湯長屋藩は、とても小さな藩である。温泉が出ることもあり、藩主の政醇は、そこらじゅうで湧く野湯に浸かっては、地元の民と長話するのが好きであった。おかげで領民は誰でも政醇の顔を見知っていて、湯の帰りにしばしば、とれたての野菜や魚を土産に持たせるほど、仲が良かった。 最近参勤交代で帰ってきたばかりの政醇のもとに、 「本日より五日以内に江戸に参勤せよ」 との上様からのお達しがでた。五日後の戌の刻(午後八時頃)までに江戸城に出仕できなければ、藩は取り潰しとなる。参勤交代は一年おきの定めであるはずなのに、金山の届け出に偽りアリ、との疑いがでたのが原因だった。実際、金山ではなかったのだが、それを隠しているのではないのか?と思われたせいだった。 先刻の参勤交代で近隣の藩に借金をしたところで、畳をひっくり返しても古銭が少し出てくるだけだった。どうあがいても行列をつくれる資金などない。日程も無理にもほどがある。だが、行かねば、藩が取り潰しになる。行く、以外に、選択肢はなかった。 話し合っているうちに一日が過ぎ、正味四日で江戸まで行かなければならない。そこで、政醇たちがとった方法は・・・およそ殿様がするような行動ではなかった。山道を突っ切り、野宿し、大名行列を見に来る宿場あたりだけ中間を50人ほど臨時で雇い、行列を民に見せ、そこを通り過ぎるとまた山道を走る。さすれば三日でなんとか江戸まで到達できるとのことだった。藩から出発したのはわずか八名。荷物は軽くするため、刀まで竹光だ。それもこれも参勤を成功させるため。見栄もへったくりもない。大切な民を守るため。彼らは山道をひたすら走り続ける。 【我が藩に豊かにあるのは、人だけだ】 道中、この急な参勤を策略した老中の子飼いに襲われたり、邪魔をされたり、中間が銭が少ないから行列のバイトはやらないと駄々をこねるなど、トラブル続出。 政醇は、この参勤をミッションを成功させることができるのでしょうか?

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.6 2019年01月11日

磐城国の小藩、湯長谷藩の藩主、内藤政醇は、民のことを思ういい殿様。幕府の悪老中の命令で五日以内に参勤交代する羽目に。少人数で大行列に見せたり、けもの道を爆走したり、考えうる限りのハチャメチャな旅。道案内をする忍者、段蔵がかっこいい。知恵者の家老、相馬兼嗣や他の豪快な面々が面白い。殿は情に厚く、飯盛女、お咲の心を癒す。嫌な老中やその手先の隠密は残酷なのでやられていい気味。スカッと楽しく読めました。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar
star
4.6 2018年06月27日

磐城国の小藩、湯長谷藩の藩主、内藤政醇は、民のことを思ういい殿様。幕府の悪老中の命令で五日以内に参勤交代する羽目に。少人数で大行列に見せたり、けもの道を爆走したり、考えうる限りのハチャメチャな旅。道案内をする忍者、段蔵がかっこいい。知恵者の家老、相馬兼嗣や他の豪快な面々が面白い。殿は情に厚く、飯盛女、お咲の心を癒す。嫌な老中やその手先の隠密は残酷なのでやられていい気味。スカッと楽しく読めました。

全部を表示

Nakamura Namiko

(無題)

starstarstarstar 4.0 2018年04月11日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください