誉れの赤

講談社文庫

吉川 永青

2016年6月15日

講談社

946円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

戦場で最も目立つ朱色の具足。武田信玄配下の戦国最強部隊「赤備え」。赤備え山縣隊の一員であった甲斐地侍の勘五郎と幼馴染みの藤太は、長篠の戦いの大敗により、徳川へ主家替えを余儀なくされる。新しい主は赤鬼と呼ばれる井伊直政。戦国の終焉と最後の「赤の遺伝子」を受け継ぐ二人の武士の生き様とは。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar
star
4.25

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

5

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

戦場に再び華が咲いた。赤い、赤い華だ。

starstarstar
star
3.5 2020年06月15日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください