祈りの幕が下りる時

講談社文庫

東野 圭吾

2016年9月15日

講談社

858円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。それは孤独死した彼の母に繋がっていた。シリーズ最大の謎が決着する。吉川英治文学賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(104

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

112

未読

82

読書中

8

既読

914

未指定

680

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

東野圭吾「祈りの幕が下りる時」

--
0
2019年12月20日

みんなのレビュー (4)

とも

(無題)

-- 2018年01月18日

加賀恭一郎シリーズの第10作である。さすがに手練れのミステリー作家である。安心して読んでいられる。本作では加賀の母親の失踪理由が明かされる他、加賀が配属先の管轄である日本橋に積極的に溶け込もうとしていることや、優秀ながら所轄の刑事のままでいる理由が語られる。クールで頭脳明晰、卓越した正義感がどのように形作られたのかがよくわかって興味深い。 加賀恭一郎を主人公とするミステリーであれば当然のこと、殺人事件が発生する。小菅のアパートで滋賀県在住の40代女性・押谷道子の腐乱遺体が発見された事件だ。アパートの住人・越川睦夫は消息を絶っていた。捜査一課の刑事・松宮は殺害時期や現場が近い新小岩の河川敷で発生したホームレス焼死事件との関連性を感じながらも、道子の住む滋賀県での捜査で道子が中学の同級生で演出家の浅居博美を訪ねに上京したことを突き止める。本書における謎の第1は越川の行方である。そして第2は加賀の母・田島百合子の面倒をみていた綿部俊一の正体、そして越川のアパートにあったカレンダーに書かれていた、12箇所の橋の名前の意味である。 この物語では3人が殺されている。3件の事件とも動機は共通している。我が娘を守るためであった。つまり、ミステリーの裏には父娘の愛があったのだ。人の思いが紡ぎだす物語の何と切ないことだろうか。私ぐらいの歳になると、そうまでして生きることに意味があるのだろうか、とアッサリと生を否定したくなってしまう。だから、越川が「もう疲れた」と焼身自殺する気持ちがよくわかる。

全部を表示

Readeeユーザー

祈りが届くように

starstarstarstar
star
4.3 2020年05月08日

自分の親がある日前触れもなく突然出ていったらどうしますか。なぜ自分を置いて出ていってしまったのか。どこにいるかもわからない。家族を置いて勝手に出ていったことを恨みますか。もうずっと昔にいなくなった人。自分たちと別れたあと、どんな人生を送っていたのか。どんな気持ちで毎日過ごしていたのか。それを知ることを自分が望んでいるのか。 記憶から抹消してしまう方がずっと楽かもしれない。もともといなかったと思うほうがずっと簡単でずっと気持ちも楽だろう。 でも、知ってしまった。 自分とは全く関わりのない土地で、一人きりで生きていたことを。 知ってしまった。 出ていった本当の気持ちを。出ていったあとも、ずっと自分のことを気にかけていたことを。祈るように、幸せであれと、いつもいつも願っていたことを。 知ってしまった。 許せるのだろうか。いつかその気持ちがわかるときが来るのだろうか。 祈りが愛情溢れるものなのであれば、届いてほしい。全部じゃなくていい。ほんの少しでもいいから、届いてほしい。鏡にように揺らがず硬くなった心。祈りは心に柔らかな波紋を立てることができるだろうか。 君が幸せであれ、君に輝く未来あれ、君が元気で生きている、それだけで充分幸せだから。それ以上は望まない。親とはそういうものなのかもしれない。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2019年07月21日

なんとも… 切ないけど、こういう絆あるんだよね。 でもやっぱり真っ当な人生が良いなって思う。

全部を表示

Readeeユーザー

加賀恭一郎シリーズ第十弾

starstarstarstar
star
4.5 2018年09月13日

本作のテーマは『母性』 そして、加賀恭一郎シリーズ最終章とされています。 本作では加賀恭一郎の実母の失踪から孤独死迄が明らかになり、 卒業から麒麟の翼の伏線を回収して『加賀恭一郎』が見えてきます。 母親、父親、叔母や叔父からの愛は様々だと改めて思う。 現実として子を捨てる親もいる。 捨てた後は何を感じながら生きているだろう。 そして、何を思いながら死んで行くのだろうか。 加賀恭一郎シリーズで様々な形の愛を表現してきたが、本当にこれ最終章に相応しい内容だと思う。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください