妻が椎茸だったころ

講談社文庫

中島 京子

2016年12月15日

講談社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

亡き妻のレシピ帖に「私は椎茸だった」という謎のメモを見つけた泰平は、料理教室へ。不在という存在をユーモラスに綴る表題作のほか、叔母の家に突如あらわれ、家族のように振る舞う男が語る「ハクビシンを飼う」など。日常の片隅に起こる「ちょっと怖くて愛おしい」五つの「偏愛」短編集。泉鏡花賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.66

読みたい

27

未読

7

読書中

1

既読

51

未指定

55

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください