神の時空 鎌倉の地龍

講談社文庫

高田 崇史

2017年3月15日

講談社

704円(税込)

小説・エッセイ

由比ヶ浜で、意識不明の重体で発見された女子高生・辻曲摩季の姿が病院から消失。直後の地震で、鶴岡八幡宮の鳥居が倒壊し、さらに、源氏ゆかりの地・修善寺でも異変が発生。尋常ならざる者の影を感じた摩季の兄姉と友人の陽一は、鎌倉の殺戮史を調べはじめる。果たして、事件と怨霊の関係は?新シリーズ開幕!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

14

未読

6

読書中

1

既読

18

未指定

14

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください