異端審問ラボ 魔女の事件簿1

講談社タイガ

高里 椎奈

2015年12月17日

講談社

726円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

栄養科学研究所に配属された千鳥は、言語学研の鳶、考古学研の鶇とともに、研究室で起きた殺人未遂事件を偶然目撃してしまう。この一件を発端に次々と起こるー書庫の放火、連続通り魔事件に巻き込まれていく千鳥たちは「一冊の文献」と「植物の化石」を手に入れることに。三人は化石をめぐる実験をはじめるが…。「知」への好奇心が異端にふれ、禁断の扉が今ひらかれる!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstar
star
3.1

読みたい

23

未読

8

読書中

0

既読

24

未指定

28

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

禁断の扉とは??

starstarstar
star
3.6 2019年01月11日

裏表紙の内容紹介で期待してハードルを上げると『あれ???』な状態。そこが本当にネック。内容は間違っていないだけに狙っているのかと思うくらい『?』状態。 SF設定、(現時点では)ミステリーと大変真面目(でも笑ってしまう)なクッキング要素。高里先生の作品の登場人物は相変わらず魅力的ですし、読ませる・惹き込まれる文章だからこそ、もう少し本そのものに厚みがあると嬉しいところ。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0

「走れ」??。。。!? わかった時の衝撃は感動です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください