銀糸の魔法式2 白き狼と黒猫

講談社ラノベ文庫

浅倉 イネ / もっつん*

2013年5月2日

講談社

704円(税込)

ライトノベル

“魔法使いの実習生”の少女・クレアの保護者になってからしばらく経った頃、秋月孝平の住む汐浜市に“魔法使い”を名乗る少女がもう一人やって来た。少女はホルマと名乗り、とある人物を捜していると言う。嫌な予感を覚える孝平だったが、予感は的中。魔法使いはこりごりだと言ったのに、結局「何でもします!」と拝み倒されて、渋々クレアと同じようにアパートへ受け入れることに。時を同じくして、孝平の前に一匹の不思議なしゃべる黒猫が現れ、“忠告”を与えてくる。-白い狼に気を付けろーと。黒猫の真意とは、そして過去と現在が複雑に絡み合う因縁とはー?!第1回講談社ラノベチャレンジカップ“佳作”受賞作第2弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください