うちの旦那が甘ちゃんで

講談社文庫

神楽坂 淳

2018年8月10日

講談社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

はっきり言って月也は「ぼんくら」である。月也とは沙耶の旦那で、風烈廻方同心を拝命している。のほほんとした性格から盗人を取り逃がすことが多く、小者(付き人)たちは愛想を尽かして次々と辞めていった。次の小者を誰にするか。考えあぐねていた沙耶が思いついたのは、なんと「自分」だった。-新感覚時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar 4

読みたい

10

未読

4

読書中

1

既読

31

未指定

47

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください