対岸の家事

朱野 帰子

2018年8月30日

講談社

1,540円(税込)

小説・エッセイ

どうしてこんなに大変なんだろう?家族のために「家事をすること」を仕事に選んだ詩穂。娘とたった二人だけの、途方もなく繰り返される毎日。幸せなはずなのに、自分の選択が正しかったのか迷う彼女のまわりには、性別や立場が違っても、同じく現実に苦しむ人たちがいた。誰にも頼れず、いつしか限界を迎える彼らに、詩穂は優しく寄り添い、自分にできることを考え始めるー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(21

starstarstar
star
3.8

読みたい

12

未読

5

読書中

0

既読

124

未指定

67

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

子育て中のママに送りたい

starstarstarstar 4.0 2023年03月22日

そうだなぁとか、主婦の気持ちに寄り添ってくれる。そんな本。主婦だけじゃなくて家事を行う人、家で過ごす人の強い味方なのかもしれない。ここまで主観的に書いてくれる方がなかなかないような気がして手元に置いておきたくなる。

全部を表示

まる

主婦としては

starstarstarstar
star
4.1 2021年03月05日

そうだよねぇ、そうだよねぇと同意してました。 隣の芝は青い。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください