すぐ死ぬんだから

内館 牧子

2018年8月23日

講談社

1,705円(税込)

小説・エッセイ

終活なんて一切しない。それより今を楽しまなきゃ。78歳の忍ハナは、60代まではまったく身の回りをかまわなかった。だがある日、実年齢より上に見られて目が覚める。「人は中身よりまず外見を磨かねば」と。仲のいい夫と経営してきた酒屋は息子夫婦に譲っているが、問題は息子の嫁である。自分に手をかけず、貧乏くさくて人前に出せたものではない。それだけが不満の幸せな老後だ。ところが夫が倒れたことから、思いがけない裏を知ることになるー。人生100年時代の新「終活」小説!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(44

starstarstarstar
star
4.18

読みたい

42

未読

18

読書中

28

既読

247

未指定

278

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

(無題)

starstarstar
star
3.5 2019年07月18日

途中からの展開に驚いた。シニア世代になっても問題は沢山ある。人生経験の豊富な高齢であるからこそ淡々と問題を解決しており、勢いよく読めました。

全部を表示

applecherry1981

痛快

starstarstarstar
star
4.7 2023年06月28日

良い結婚してない私には想像つかない仲の良さ、信頼度の夫婦。 でもこういうことは起こる。 好きになって相思相愛なら、起こってしまうのだ。 そしたらこういう風に生きるのは見ていて痛快である。 子供や孫達のなんと愛らしいこと。 内舘さんのユーモアセンスは鋭くタイムリーでこの世代より遥かに若い私にもピキピキ通じる。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください