あした、また学校で

文学の扉

工藤 純子

2019年10月31日

講談社

1,540円(税込)

絵本・児童書・図鑑

月曜日の朝、小6の一将に声をかけたのは、幼なじみの咲良でした。「一将の弟、先生に怒られて泣いてたよ」運動が苦手な弟の将人は、「できない子は朝練に来て」と先生に言われたのに大縄跳びの練習に行かず、怒られたのです。でも、将人にとって、苦手な運動の中でも大縄跳びは「できる」に入ります。将人は怒られなくてはならなかったのでしょうか?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

11

未指定

37

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください