〈正義〉の生物学 トキやパンダを絶滅から守るべきか

KS科学一般書

山田 俊弘

2020年6月26日

講談社

2,420円(税込)

科学・技術

現在、一〇〇万種以上の動植物が絶滅の危機に瀕しているー過去の地球で起きた五度の“大量絶滅”をはるかに凌ぐ勢いで生物多様性が失われつつあることがわかってきた。この第六の大量絶滅期を生きる私たちは、生き物の保全をおこなうべきだろうか?もしおこなうべきだとすれば、その理由はどこにあるだろうか?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstarstar 5

読みたい

5

未読

0

読書中

2

既読

6

未指定

12

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください