少年舞妓・千代菊がゆく!(身代金は母の恋文)

コバルト文庫

奈波はるか

2002年10月31日

集英社

460円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル / 文庫

ひょんなことから舞妓「千代菊」としてお座敷をつとめた経験のある美希也(♂)。一度きりのつもりが、関西実業家の若手実力者、楡崎の登場であやしい雲行きに。女将であるおかあちゃんも、相手が楡崎だと断れないらしいのだ。仕方なく千代菊になってお座敷へ出た美希也だったが、見知らぬ男に拉致されてしまった!この男、楡崎に対して金を要求するのかと思ったら、違うみたいで…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください