宝玉泥棒

レヴィローズの指輪

コバルト文庫

高遠砂夜

2003年7月31日

集英社

523円(税込)

ライトノベル

それぞれの一族が大切にしている宝玉が次々と盗まれているらしい。炎の宝玉レヴィローズの主、ジャスティーンは、叔母様によって封印の間に閉じ込められてしまう。泥棒から宝玉を守るためだから仕方がないー。おとなしく言うとおりにしていたジャスティーンだったが、レンドリアの不用意なひと言のせいで(?)まんまとさらわれてしまった!ジャスティーンたちを待っていたものとは。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

2

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください