少年舞妓・千代菊がゆく!(禁じられた初恋)

コバルト文庫

奈波はるか

2003年7月31日

集英社

523円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル / 文庫

祗園の置屋・吉乃家の息子美希也は、京都市内の男子校に通う中学生。囲碁部に所属している。たまたま見習い舞妓になって臨時のお座敷をつとめたことから「囲碁が打てる舞妓」という指名を受けて、再び舞妓「千代菊」をやることになってしまう。お座敷に現れたのは天才高校生プロ棋士の紫堂薫。しかし彼は少しもお座敷を楽しんでいないようだった。その態度にムカついていた千代菊だったが。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください