少年舞妓・千代菊がゆく!(永遠の片想い)

コバルト文庫

奈波はるか

2003年12月30日

集英社

523円(税込)

小説・エッセイ / ライトノベル / 文庫

本当は男の子であることを隠し、母親の経営する置屋で舞妓をやっている千代菊。誰にも気づかれることなく、学校が休みの週末だけお座敷をつとめている。そんなある日、祇園でナンバーワンのホスト・紫苑と知り合う。千代菊の従兄である宏章とも親しい紫苑は、外見だけではなく人柄も魅力的。ドキドキしてしまう千代菊だったがー。紫苑の意外な一面を見ることになって、千代菊大ピンチ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください