銀朱の花

コバルト文庫

金蓮花

2003年12月31日

集英社

523円(税込)

ライトノベル

両親を喪い、叔父夫婦に引き取られたエンジュを待っていたのは、朝からの重労働に加え、ときに食事を抜かれるという過酷な生活だった。それでも、村の人々から疎まれる存在であったがため、エンジュは健気に堪え忍んできた。だが、エンジュが十四の年、そんな生活を一変する出来事が起きる。エンジュを「聖なる乙女」と呼ぶ僧侶と騎士が彼女を訪ね、国王の命で迎えに来たと言うのだ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

4

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください