風雲縛魔伝(7)

コバルト文庫

桑原水菜

2005年12月31日

集英社

586円(税込)

ライトノベル

神剣“北斗”とともに風音と天丸が消えて一年。“北斗”復活を断念するよう幸村から命じられた葛葉だが、男女の生き神様の噂を聞き日向・高千穂峰に向かう。そこでは天孫アマテラスの子である生き神様のもとで新しい国が作られようとしていた。真田の忍び、服部忍軍が集結する中、最後の鬼神を見た葛葉。高千穂峰から“北斗”の閃光が放たれる。風音、葛葉の運命は!?『風雲縛魔伝』最終巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください