きっと待っている

平安夢紀行

コバルト文庫

倉本由布

1996年10月31日

集英社

481円(税込)

ライトノベル

水浦蒼生子、16歳。本人は知らないが、実は織田信長と現代人の間に生まれた子供だ。2度目のタイム・スリップをした蒼生子は、馨子と香子という女の子と出会う。二人と一緒に、都に出没するという賊を追いかけながら、飛鳥時代が出会った恋人・信澄くんを探す蒼生子。だが、やっと見つけたカレの隣には、きれいではかなげな女の人がいた!大人気「きっと」シリーズ、平安バージョン。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください