嵐が丘

グラスハート4

コバルト文庫

若木未生

1997年1月31日

集英社

544円(税込)

ライトノベル

「藤谷さん、あのひとのこと、好きですか」嵐のような心の場所ー。必死に尋ねた朱音が耳にしたのは、天才・藤谷からの思いがけない答えだった。その朱音の前に『オーヴァークローム』の真崎桐哉が現れ、告げる。「泣いてるんだろ。だったら、俺と来い」初のテレビ出演に臨む『テン・ブランク』へ襲いかかる数々の障害。尚のギターが折られ、そして朱音にも…。誰が、何のために。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

1

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください