きっと夢になる

お江戸夢紀行

コバルト文庫

倉本由布

1997年6月30日

集英社

481円(税込)

ライトノベル

織田信長と現代人の間に生まれたため、タイム・スリップができる蒼生子。今回は、江戸時代へ飛び、八百屋のお七ちゃんの家へ居候することに。ところがある晩、隣の長屋が火事になった!焼け出されてお寺に逃げた蒼生子は、お七ちゃんが買った振り袖が元で、だんだん妙な方へと流されて…。いつも行く先々で会える恋人の信澄くんが、今回はなかなか現れない。早く助けに来て。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください