龍は希う

コバルト文庫

真堂樹

1999年12月31日

集英社

544円(税込)

ライトノベル

ついにマクシミリアンと再会を果たした飛。おのれの未来はこの男と共にあることだと見定めた彼は、事態の収束を約してマクシミリアンと別れた。師父、月亮のゆがんだ野望を阻止するために、飛は雷英らと共に黒龍市に向かう。黒龍市では、帰還した月亮を主に据え、改めて白龍に攻め込むたくらみが進んでいた。本土・伍家の思惑もからみ、四龍島に再び嵐が巻き起ころうとしている…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください