赤の神紋(第6章)

コバルト文庫

桑原水菜

2001年7月31日

集英社

523円(税込)

ライトノベル

醜聞を報道されたケイは、自宅に戻れずにいた。その上、共演者たちはケイを励ましはするが、彼への疑惑で態度が硬くなっている。そんなケイのもとへ、激怒した祖父が現れる。全てを鵜呑みにした祖父は、物も言わずにいきなりケイを殴りつけて…!?-一方、電車に飛び込もうとしている新を見つけた響生と奥田は…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください