ファング・オブ・アンダードッグ(4)

ダッシュエックス文庫

アサウラ

2016年1月22日

集英社

693円(税込)

ライトノベル

総本山が猛攻を受けてから一ヶ月。復興作業に従事していたアルクは3つの目的のため、休暇を取ることに。1つ目は刀を研ぎに出すこと、2つ目は兄・頼雅に会うために里帰りをすること、そして3つ目は、ソバが遺した言葉にあった村・ドトルに行くこと。相棒のユニと。なぜか同行する「烏」の円と共にドトルを訪れたアルクは、そこで「府津羅」の名に反応する兄妹と出会い、襲撃を受ける。アルクを鬼の子と呼び、復讐を叫ぶ二人を斬るが、同時に自らの出生の秘密を知る。胸に抱いた疑念の答えを求め、アルクは再会した兄に問う。自分は何者なのか?そして兄はー。無頼派和風バトルアクション、絆を問う、クライマックス!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください