不能犯 女子高生と電話ボックスの殺し屋 小説

集英社オレンジ文庫

ひずき 優 / 宮月 新

2018年2月20日

集英社

561円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

犯罪を意図した行為でもその実現が不可能であれば、罪に問われない。これを『不能犯』というー。進学校に通う女子高生・早苗は、同じ予備校の生徒から脅されていた。追い詰められた彼女は『電話ボックスの殺し屋』に仕事を依頼する。早苗の友人である彩香や藍子、楓も、それぞれ『彼』に殺しの依頼をしていて…!?人気マンガ「不能犯」のスピンオフ小説が登場!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

4

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください