死刑執行人サンソン -国王ルイ十六世の首を刎ねた男

集英社新書

安達 正勝

2003年12月17日

集英社

990円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

敬虔なカトリック教徒であり、国王を崇敬し、王妃を敬愛していたシャルルーアンリ・サンソン。彼は、代々にわたってパリの死刑執行人を務めたサンソン家四代目の当主であった。そして、サンソンが歴史に名を残すことになったのは、他ならぬその国王と王妃を処刑したことによってだった。本書は、差別と闘いながらも、処刑において人道的配慮を心がけ、死刑の是非を自問しつつ、フランス革命という世界史的激動の時代を生きた男の数奇な生涯を描くものであり、当時の処刑の実際からギロチンの発明まで、驚くべきエピソードの連続は、まさにフランス革命の裏面史といえる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.67

読みたい

6

未読

9

読書中

1

既読

34

未指定

49

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください