終わらざる夏(下)

集英社文庫

浅田次郎

2013年6月30日

集英社

858円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1945年8月15日、玉音放送。国民はそれぞれの思いを抱えながら、日本の無条件降伏を知る。国境の島・占守島では、通訳要員である片岡らが、終戦交渉にやって来るであろう米軍の軍使を待ち受けていた。だが、島に残された日本軍が目にしたのは、中立条約を破棄して上陸してくるソ連軍の姿だった。-美しい北の孤島で、再び始まった「戦争」の真実とは。戦争文学の新たなる金字塔、堂々の完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(9

starstarstar
star
3.8

読みたい

3

未読

13

読書中

1

既読

273

未指定

116

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください