ユートピア

集英社文庫(日本)

湊 かなえ

2018年6月21日

集英社

814円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

太平洋を望む美しい景観の港町・鼻崎町。先祖代々からの住人と新たな入居者が混在するその町で生まれ育った久美香は、幼稚園の頃に交通事故に遭い、小学生になっても車椅子生活を送っている。一方、陶芸家のすみれは、久美香を広告塔に車椅子利用者を支援するブランドの立ち上げを思いつく。出だしは上々だったが、ある噂がネット上で流れ、徐々に歯車が狂い始めー。緊迫の心理ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(75

starstarstar
star
3.67

読みたい

125

未読

91

読書中

15

既読

559

未指定

431

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (4)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.7 2020年10月19日

湊かなえさんの作品はどうしてこうも最後まで面白さが持続するのか。 全ての場面で、登場人物の人柄や思考が大っぴろげられている。 小説内の登場人物に、同情する程に(笑) そして、読者の心に引っ掛かる文章がハイペースで出てくる。だから飽きない。また心に何かを引っ掛けたくて、湊かなえさんの文章を待ってしまう。 今回のユートピアは地域内の話で、私の好きなジャンルとは少し違ったけれど、それでも最後まで読み切ってしまった!

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年10月15日

割と読みやすかったかな。 それぞれの気持ちがリアルに表現されていて、自分も同じ立場ならきっと同じ事を思いそうってな位リアルな心情の描写やった。 ただこれは今誰が話してるん?みたいなんが多々あった。 でも最後にななこと旦那さんが久美香の足が良くなった事で仲良くなくなってきたっていうのは悲しかったなー。

全部を表示

Readeeユーザー

これが人だな

starstarstarstar
star
4.1 2018年08月07日

読み終えた時に率直に思った事が『これが人だな』だった。 各家庭の問題なんて当人しか分からない。 自分の子供の事ですら考えている事を100%分かっているわけではない。 それが人間だと思った。 田舎町で少しの成功を収めると僻む人が出てくるし、親が混じっての噂話。 そのせいで噂話をしている人の知らないところで悪循環が始まる事も珍しい話ではない。 本当に、人の心ってと思う作品。 しかも、それは大人だけではなく子供もだ。 親の心子知らず・・・自分もそうだったがやっぱりそれが人の心だ。 しかしながら、別に嫌な感情で終わった訳ではないのが不思議。 これが、湊かなえワールドなのかな? まだ2作品しか読んでないので分からないがもっと本作者の作品を読んでみたいと思う。

全部を表示

Haba Masato

(無題)

starstarstarstar
star
4.1 2018年07月01日

湊かなえさんの作品は最後に一番心をつかませるような 小説が多いですね! 車椅子の少女を題材にその周りで生活する家族状況を鮮明に描かれていますね!

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください