漢方小説

集英社文庫

中島たい子

2008年1月31日

集英社

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

川波みのり、31歳、脚本家、独身。胃がひっくり返ったようになるのに、眠れないのに、病院に行って検査をすると『特に異状なし』。あのつらさは何?昔の男が結婚したショックのせい?それとも仕事のストレス?最終的にたどりついた東洋医学で、生薬の香りに包まれながら、みのりが得たものは。心と体、そして人間関係のバランスを、軽妙なテンポで書き綴る、第28回すばる文学賞受賞作品。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstarstar
star
4.43

読みたい

4

未読

1

読書中

0

既読

20

未指定

21

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

中島たいこ「漢方小説」

--
0
2019年12月18日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください