弁護側の証人

集英社文庫

小泉喜美子

2009年4月25日

集英社

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

ヌードダンサーのミミイ・ローイこと漣子は八島財閥の御曹司・杉彦と恋に落ち、玉の輿に乗った。しかし幸福な新婚生活は長くは続かなかった。義父である当主・龍之助が何者かに殺害されたのだ。真犯人は誰なのか?弁護側が召喚した証人をめぐって、生死を賭けた法廷での闘いが始まる。「弁護側の証人」とは果たして何者なのか?日本ミステリー史に燦然と輝く、伝説の名作がいま甦る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(19

starstarstar
star
3.24

読みたい

22

未読

16

読書中

4

既読

108

未指定

107

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

小泉喜美子「弁護側の証人」

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

してやられた感を求めている人におすすめの一冊

starstarstar
star
3.6 2021年09月28日

読了まで6日間もかかってしまった。 終盤まで面白くなかったのだ。 少し読んで、解説が道尾秀介だったのでそちらを読んでみると、こう書いてあった。 『弁護側の証人』は僕にとって秘密の場所だった。ある人に勧められて一読して以来、誰にも教えたくない一冊だった、と。 道尾秀介がそう言うなら…と、ネタバレする前に読み進めてみたものの、“どうせこういうお話でしょ”と予想がついたし、このさき面白くなりそうにも思えなかった。 ところが… やられた。 完全に騙されていた。 作者の思わく通りに。 違和感を抱いたのに、それを見事に利用されていた。 私は本を買うとブックカバーを着ける。本を痛めたくないし、裏側のあらすじを読みたくないからだ。 だから気付いたのは読了後なのだが、文庫の帯には「読者を欺く超絶トリック」と謳っている。 ちなみに帯の裏面には各氏絶賛と書かれている。 我孫子武丸 【今だからこそ、広く読まれて欲しい一冊】 綾辻行人 【「弁護側の証人」を読む、それはすなわち極上の魔法を体験するということである】 宇江佐真理 【これはミステリーという名の騙し絵である】 千街晶之 【騙しのテクニックのルーツがここにある】 貫井徳郎 【驚きのどんでん返し!絶対騙されるぞ】 法月綸太郎 【ダメ男の王子様と、戦うシンデレラ。起死回生の逆転愛が待ち受ける必読の名作】 この手のミステリーは何度も読み返したくなるものではないけれど、驚きを体験できたので満足している。

全部を表示

バッハ

🐶「もっと尻ケツを振れえ!」⚠

starstarstar 3.0 2020年09月14日

📝弁護側の意外な証人とは? 古き良き時代の推理小説✨ 1963年⁉刊行だが十分に楽しめる。 ミミイ・ローイ 最高! エダのような親友も欲しい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください