日暮れひぐらし

八丁堀春秋

集英社文庫

花家圭太郎

2009年8月31日

集英社

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

江戸の夏。両国川開きのこの日、花火見物に出掛けた元北町奉行所定町廻り同心・小山田采女と妻のおしゅんは雑踏の中でスリに遭遇する。残された財布の中には、奇怪な脅し文が入っていた。どうやら財布の持ち主の娘がさらわれたらしい。だが手掛かりはこの紙片一枚のみ。采女はさっそく仲間と共に探索に乗り出すがー。移ろう季節の中、市井の人々の生活を活写しつつ展開する書き下ろし時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください