鈍感力

集英社文庫

渡辺淳一

2010年3月25日

集英社

616円(税込)

小説・エッセイ

シャープで、鋭敏なことが優れていると世間では思われているが、本当にそうなのか!?医師としての経験や作家としての眼差しを通じて、些細なことで揺るがない「鈍さ」こそ、生きていく上で最も大切で、源になる才能だと説き明かす。恋愛関係、夫婦生活、子育て、職場、環境適応能力…。様々な局面で求められる鈍感力とは何か。先行き不透明な現代を生きぬくヒントが満載。ミリオンセラー、待望の文庫化。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(12

starstarstar
star
3.28

読みたい

7

未読

8

読書中

1

既読

61

未指定

65

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

ton

(無題)

starstarstarstar
star
4.1 2021年08月19日

読みやすい本。 体に血液がさらさら流れるようにおおらかに、睡眠力をしっかり駆使して、図に乗る才能、皮肉や嫉妬に感謝する。 「才能はあるなし、ではなく、いかに引き出されたか否か、の違いです。」というフレーズが光っていた。 渡辺淳一先生が、医師だったのと失楽園の作者だったことに初めて気付いた。。。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年04月30日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください