楊令伝 2 辺烽の章

集英社文庫(日本)

北方 謙三

2011年7月31日

集英社

858円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

北の地で苛烈な戦をしていた幻王の正体は、楊令だった。燕青と武松は梁山泊軍への合流を求めるが、楊令は肯んじない。一方、呉用は、江南で叛乱をもくろむ方臘のもとへ趙仁と名乗って潜入していた。梁山泊軍との決着を待ち望む童貫は、岳飛という少年に目をかける。呉用と楊令は会合を持ち、今後の戦略について話し合う。国を揺るがす動乱が、北と南で始まろうとしていた。楊令伝、戦端の第二巻。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.3

読みたい

3

未読

11

読書中

1

既読

257

未指定

68

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください