光の帝国 常野物語

集英社文庫(日本)

恩田 陸

2000年9月30日

集英社

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

膨大な書物を暗記するちから、遠くの出来事を知るちから、近い将来を見通すちからー「常野」から来たといわれる彼らには、みなそれぞれ不思議な能力があった。穏やかで知的で、権力への思向を持たず、ふつうの人々の中に埋もれてひっそりと暮らす人々。彼らは何のために存在し、どこへ帰っていこうとしているのか?不思議な優しさと淡い哀しみに満ちた、常野一族をめぐる連作短編集。優しさに満ちた壮大なファンタジーの序章。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(64

starstarstar
star
3.86

読みたい

65

未読

69

読書中

11

既読

553

未指定

587

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

恩田陸「光の帝国 常野物語」

--
0
2019年12月14日

みんなのレビュー (4)

Readeeユーザー

超能力を持った人達の話

star 1.0 2023年08月15日

SFか?読んだことを忘れる本。なんだ、これは?

全部を表示

橘薫

密かに暮らす人々

starstarstarstar
star
4.5 2022年08月28日

いわゆる「超能力」一族という位置付けになるのでしょうね。 彼らは市井に紛れて目立つことなく暮らしている。 故郷を離れ、一族以外の人たちと血を交わらせ、その場所に根付きつつも何かがあれば再び一族は集結する。 彼らは目立つことを好まず、極力表に出ない暮らしをしていて、そのあり方は「淡々と」しすぎているようにも感じます。 多くの人が知らない存在。 けれども、なくてはならない存在なのです。 現実世界にこんな一族がいて、もしかしたら隣に住んでいる人がそうかも、と想像するのも楽しいし、もしかしたらわたし自身が「時が来るまで」封印されているのかもしれないし。 そう想像するのも楽しいものでしたし、実際に、もしかしたら、こういう方々が「淡々と」時の流れの中で「調整」を任されているのかもしれないですね。

全部を表示

ちんくる

 

starstarstarstar 4.0 2020年05月26日

能力系ファンタジー。まぁ面白い。

全部を表示

Readeeユーザー

よい

starstarstar
star
3.6 2020年02月02日

不思議がたくさん。 いつか秘密を知れるといいな。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください