娼年

集英社文庫(日本)

石田 衣良

2004年5月31日

集英社

594円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ、二十歳。だが、バイト先のバーにあらわれた、会員制ボーイズクラブのオーナー・御堂静香から誘われ、とまどいながらも「娼夫」の仕事をはじめる。やがてリョウは、さまざまな女性のなかにひそむ、欲望の不思議に魅せられていく…。いくつものベッドで過ごした、ひと夏の光と影を鮮烈に描きだす、長編恋愛小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(52

starstarstar
star
3.38

読みたい

64

未読

37

読書中

6

既読

539

未指定

426

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

長江貴士

書店員

石田衣良「娼年」

--
0
2019年12月09日

みんなのレビュー (3)

むるそー

(無題)

starstarstarstar
star
4.5 2023年08月05日

恋愛にも大学生活にも退屈し、うつろな毎日を過ごしていたリョウ。「娼夫」としての仕事を始めることとなり、さまざまな女性の中に潜む、欲望の不思議に魅せられていく。 動物的な欲望のなかに、哲学性や信念がある。自分を理解して行うセックスの美しさを知れた。 これが直木賞候補だったということに驚いた。芥川賞じゃないのかと。 「アズマやイツキさんのような混線した人間、シンヤや御堂静香のように過剰な欲望をビジネスに変える人間、そしてぼくのように肉体を売りながら欲望の不思議を追いかける人間。この世界の途方もない複雑さと同じだけの深さが、ただのセックスにあるのだという事実が、その夜ぼくを圧倒していた。」

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2021年11月20日

性をテーマにしているし、またタイトルがタイトルなので、何となくねっとりと粘質で淫猥なものを想像してしまったのですが、予想を良い意味で裏切られました。そんなものは全くどこ吹く風というくらい、軽やかでさらりとして爽快な読後感。男性作家の筆致とは思えないほど、やわらかくて優しい。話の展開を楽しむというよりは、感覚を味わうような作品だと思う。終わり方が少し釈然としないが、まあ良作。

全部を表示

あめさと

(無題)

starstarstar 3.0 2021年07月10日

性をテーマにしているし、またタイトルがタイトルなので、何となくねっとりと粘質で淫猥なものを想像してしまったのですが、予想を良い意味で裏切られました。そんなものは全くどこ吹く風というくらい、軽やかでさらりとして爽快な読後感。男性作家の筆致とは思えないほど、やわらかくて優しい。話の展開を楽しむというよりは、感覚を味わうような作品だと思う。終わり方が少し釈然としないが、まあ良作。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください