斬られ権佐

集英社文庫

宇江佐真理

2005年4月26日

集英社

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

惚れた女を救うため、負った八十八の刀傷。江戸・呉服町で仕立て屋を営む男は、その傷から「斬られ権佐」と呼ばれていた。権佐は、救った女と結ばれ、兄貴分で八丁堀の与力・数馬の捕り物を手伝うようになる。押し込み、付け火、人殺し。権佐は下手人が持つ弱さと、その哀しみに触れていく。だが、体は不穏な兆しを見せ始めてー。一途に人を思い、懸命に生きる男の姿を描いた、切なくも温かい時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.5

読みたい

0

未読

3

読書中

0

既読

12

未指定

23

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください