すべての男は消耗品である

集英社文庫

村上龍

1993年9月30日

集英社

638円(税込)

小説・エッセイ

狩猟本能を摩滅させ自分の手で獲物を狩る力を失った男は、女たちのための消耗品で終わるのか?恋愛、女、芸術、犯罪、才能、幸福、エイズ、国家、セックス、日本などについての過激だが、明解なメッセージ。世紀末を明るく生きぬく男と女へ、元気と輝きにあふれる挑発的エッセイ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

5

未読

0

読書中

0

既読

18

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください