黄金伝説

集英社文庫

荒俣宏

1994年5月31日

集英社

722円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

近代日本の産業界の夜明け、彗星のように現われ、人々の度肝を抜くような奇抜な足跡を残し、そして一睡の夢の如く消えて行った「成金」たち。サフラン酒王、石炭王、サトウキビ王、生糸王、たばこ王、遊郭王、南洋王などなど。産業考古学を提唱する著者が、日本全国をフィールドワーク。もう一度、夢を見ないか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

10

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください